成功哲学は情報弱者に向けた虚像の学問なのか?

成功哲学を学ぶ人は多い。

しかしながら、本当に成功している人は少ない。

これは否定出来ない現実だろう。

なぜこういう現実になってしまうのか?

成功哲学を教える側がお金を儲けるために仕掛けているのか?

だから成功哲学を学んでいる側はいわゆる情報弱者で悪い言い方をすれば、「バカ」なのだろうか?

それとも、成功哲学を学んでも実践できないから成功者が少ないのだろうか?

あるいは、成功哲学は万人に当てはなるもんではないのだろうか?

沢山に疑問が出てくる。

そして、上記の質問に対して筆者も正しい解答を持っていない。

このブログでは、本当に成功哲学が必要なのか?上記の様々な問題に対して真っ向から挑んで、何かしらの解答を得ることを目的とする。

壮大なテーマである。

今後、記事を更新してゆくが、何かご意見があれば、あなたにもドンドン投稿して頂きたい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ