信念を貫くことで出てくる問題点

dai3noanこんばんは、宮嵜です。

今日はちょっとメンタル的なメッセージです。

テーマは「信念と理解」です。

自分の信念を持たずしては、行動が曖昧になります。

あっち行ったりこっち行ったり、ブレまくります。

ビジネスで成功しようと思えば信念を固めることはとても重要な事と言えます。

ですが、信念を貫くことにより、出て来る弊害があることも忘れてはいけませんん。

信念を貫くことで、起こってしまいがちな弊害

それは何かというと、自分の考えが強すぎることにより、他を批判したり、他を排除したりするようになることです。

他を受け入れることが難しくなります。

そうすると、どうなるかというと、新しいアイディアなり、ノウハウなりが出にくくなります。

なぜなら、新たなモノというものは情報と情報の融合によって生まれるからです。

なので、新たなアイディア等を生み出すためには、そのような「融合力」が必要なのです。

他を理解しようとせずに排除するということは、この「融合力」を低下させることにつながるのです。

他を理解しないということで、新しいイノベーションが生まれにくくなる!

僕はそのように考えます。

スティーブンコヴィーの第三の案という本がありますが、第一でも第二でも無い全く新しいアイディアというものは、全く違う者同士が近づくことで生まれます。

互いの信念に歩み寄ることから生まれるのです。

確かに、信念を持つことは重要な事です。

しかし、信念を強く持ちすぎることは他者を毛嫌いすることにつながることもあり得るということを知っておくべきです。

なので、信念を持つとともに必要なのは、他者への理解です。

自分がここ最近、思うのは、自分の信念が強すぎるために他を毛嫌いしてしまい、チャンスを棒に振っていることが多々あるのでは?

ということです。

チャンスを棒に振ることだけではありません。

また他を毛嫌うすることは、他者が命がけで取り組んでいるようなことに対して批判的に見ることにもなります。

批判的に見ること、他を排除することは、他者との対話の中で、もしその信念の部分に触れた場合、他者を傷つけることになるのです。

最近重要な気づきを得たのでシェアしてみました。

宮嵜誠

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ