儒教における女性の美しさ

韓国は儒教を文化背景に持った国として有名です。

そして、そこに住む女性もやはり儒教の文化背景に持った生活をしていました。

ところが、最近は、アメリカ→日本→韓国という流行の流れの中で、そういう古き良き文化が軽視されている傾向もあります。

ただ日本に比べると、「貞操」といい意味ではまだまだ崩れておらず、まだ女性の昔ながらの内的な美しさを感じることができる文化であると思います。

特に「性」の倫理的退廃という観点で見ると、その差は日本やアメリカとはまだまだ差があります。

もちろん、アメリカ日本の影響もありますし、人間共通の怠惰性はどこの国民でもあるわけで、だからこそ、段々と発展途上から先進的な国になればなるほど、豊かな生活の次の欲求が湧き出すのは当然のことです。

韓国が経済大国になればなるほど、モラル的な側面ではマイナスになっているところも多いです。

繁華街にゆけば、性風俗のお店もあるし、当然それは昔ながらのものでもあります。

ただ、まだまだ先にも記述したように日本よりは「マシ」であり、日本よりはかなり貞操的な観念があるというのは間違いないです。

そういう意味で、自分の子供を日本で育てたいか韓国で育てたいか選ぶとしたら、やはり韓国です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ