投資に関するスゴイ話(本質的真実)

今日、ある先生からスゴイ内容を学んだ。

生活に必要なお金を投資する場合、株でもビジネスでも成功することはない、、というのだ。

同じ情報を知っていても、、、

値段が下がった時に損切りしてしまう。

高値で掴んで、下がった時に損切りしてしまう。

それが人間、、、

そういう人々は、なけなしのお金を、、生活に必要なお金を投資した人達だというのだ。

そういう人達は絶対に損する!というのが某大富豪の見解なのだ。

怖くなって損切りしてしまう。

コレがお金にまつわる不思議な法則

これは「お金に対する強い感情」があるか?ないか?という問題だ。

絶対に損をしたら駄目なお金、生活に必要なお金を投資したら、

利益が出たら嬉しい。

損をしたら悲しい。

という状態にある場合、絶対に投資で成功することはないというのがその大富豪はハッキリ言われるそうだ。

逆に損をしても楽しいくらいのノリである必要があるのだ。

勝っても負けても全てはゲームだからというレベルで見れる様になることが大事なのだ。

そうなるためには、やはり原資が必要だということになる。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ