肉体改造計画が心身改造計画へ

5月18日から開始した断食が、今日で10日目を迎えました。

断食と言っても完全な断食ではなく、食事をとる代わりに、ある液体を飲みます。

なので、本物の断食よりもリスクが少なく体力も減らないのですが、それでもタンパク質0ですし、カロリーが20キロカロリーしかないので、苦しいには苦しいし、特に階段を登るのは簡単ではありません。

元々のこの断食の目的は、内臓脂肪の減少による健康の回復です。

ですが、実際にこの断食を実践することでこれはメンタルの成長にも大いになるということを感じています。

体の不純物が抜けるのなら、心の不純物も抜けるのでしょうか?

ある起業家さんのFacebookをのぞいてみたら、その方もなんと断食を実行中とのこと。

これには驚きました。

断食する人なんか沢山いないと思っていたのは、もう何年も前のことで、最近では、断食に関心がある人が多いようです。

「断食」というキーワードも検索エンジンでの検索数がここ最近増えているようなのです。

これはとても面白いと思いました。

他のネット起業家さんでも断食をしている人が数名いたように思います。

インターネットビジネスの中でもマーケティングの最先端とも言われるインフォビジネスの業界を見て見ると、最近はより本質を追求する人が多いように思います。

これはやはりビジネスを追求すれば、心身の健康が欠かせないということを表しているのでしょうし、特に心の健康というものが重視されている傾向が出ていると言えるのでしょうか?

そして、今までのビジネスは「騙し合い」と言わんばかりに、情報弱者相手にお金をむしり取るタイプのスタイルに限界が来ていて、いよいよ、原理原則の部分、もっと言えば、良心に恥じない行動の部分にスポットが当てられ始めていると言えるのではないでしょうか?

断食というのは、ただ体の健康に役立つだけではなく、心の修練のような効果ももちろんあります。

そして、実際にやってみると良心が啓発されるようなことも起こります。

ネット起業家さん達が何の目的で断食を行うのかは定かではありませんが、大きな意味で本質を求める時代が到来しつつあると言えるのではないでしょうか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ